スキーバスツアーの流れと特徴について

###Site Name###

日帰りだけでなく、現地で宿泊をする場合でもスキーバスツアーは安価で行くことができ、また最寄りの駅から現地までは自分で移動する必要が無いため人気があります。

夜間出発1泊3日のスキーバスツアーの1日の流れとしては、ツアー開催当日の夜中にバスが到着する最寄りの駅まで赴きます。そしてバスに乗り込み、一旦車庫に到着した後グループ代表者がそれぞれ受付を済まします。

この受付の時点ではじめて宿泊するホテルが分かり、またリフト券なども配られることになります。

エキサイトニュースの知識が一目瞭然です。

そしてあらためてバスに乗り、目的地まで出発をします。

バス内で1泊し、翌日の早朝にゲレンデに到着したあとは基本的に各自自由行動となります。


その後ホテルで1泊し、次の日もスキーを楽しんだ後の夕方に再び帰りのバスに乗り込みます。

往路と同じように何度か休憩をはさみつつ、3日目の夜に指定された駅に到着し、解散となります。
夜間出発の他にも早朝出発のスキーバスツアーもあり、その場合バス内で宿泊することはないため、通常の旅行のように1泊2日と提示されています。

スキーバスの専門サイトのこちらです。

スキーバスツアーの特徴は上記したような変則的なプランが提供されていることと、安価なこと、そして一度に多くの人数を乗せるため車内が少々窮屈であることが挙げられます。


また、高速道路や一般道が事故や何かで渋滞をしている場合は、それなりに遅延する可能性があるということも考慮しておく必要があります。



それでも他の交通機関を利用するツアーよりも手軽に赴くことができるため、利用者の人気は高いものとなっています。